<英語の上達>単数形と複数形を覚える。たとえば、DatumとData、ToothとTeeth。

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、「単数形と複数形を覚える」ということについて書いていきます。

<もくじ>
●<英語の上達>単数形と複数形を覚える。
●私が学生時代にやった覚え方。

●”’Datum” の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます




●<英語の上達>単数形と複数形を覚える。

小山ケイ直筆の英文

学校で英語を習い始めて、しばらくすると、「単数形と複数形の形がすこし違う単語がある」ということに気づきます。

単数形の語尾にSをつけて複数形とする単語が多いなか、その形はかなり変わって見えます。

たとえば、タイトルに用いた、DatumとData.

カタカナでも「データ」と日本語で書かれますが、英語の単数形ではDatumです。

その複数形がData。

そのほかにも、

ToothとTeeth

AlumnusとAlumni 

AlumnaとAlumnae

phenomenonとphenomena

FootとFeet

これらは英語がラテン語から言葉を借用 (borrowed) したさいの名残だと言われています。

英語の「トリセツ」どおりに語尾にSをつければいいわけではない単語たち。

だから、ひたすら覚えるしかありません。




●私が学生時代にやった覚え方。

小山ケイが自分で書いた手書きの英文

1) 英会話習得の基本と変わりません。いちばん効果があるのは、「ちゃんと声に出して、日々、コツコツと練習する」。

あなたと耳と脳がしっかり、その単語を記憶していきます。

ゴルフを習得するには、ひたすら練習するしかないのと同じです。

2) 1)に合わせて、できるだけ自分の気持ちや感情を動かす。

これも、英会話習得のコツとして、私がこのブログで何度も何度も書いていることです。

1)に余裕がでてきたら、自分が好きなことや興味を感じることに結び付けたて覚えるのがおすすめです。

Alumni(同窓生)であれば、自分が留学したいと思う海外の大学を思い浮かべながら音読。

Teethであれば、自分が気になっている美白歯磨き粉を思い浮かべながら音読。

重要なのは、気持ちを動かすということ。

「行きたいなぁ。あの大学」

「真っ白になりたいなぁ。歯」

「同窓会って楽しそう」

「あの名門大学に入って卒業して同窓生になるってどんな感じだろう。わくわく」

「感情は、記憶に言葉を定着させてくれる接着剤です」 by 小山ケイ

小山ケイ本人が書いた英語の筆記体です。Written and taken by Kay Koyama.

3) リズムを大切に。

音読練習のさいは、慣れてきたらできるだけリズムを大切にします。

リズムがマンネリを防いでくれますし、気持ちも楽しくなるからです。

継続性も保たれる。

ToothとTeeth♪ (ワン、ツー)

AlumnusとAlumni ♪(ワン、ツー)

AlumnaとAlumnae♪ (ワン、ツー)

メトロノームを使って、音読の速度をときどき変えるのもいいと思います。




●Datumの発音。

Stumptown Coffee Roasters

1) ディ

2) タ

3) (上下の唇を合わせる音をさせて、母音なしで)「M」

4) ディ + タ + 「M」