幸せと豊かな人生のためにすべき「8つ」のこと(幸福や成功に向けて):8 things to do everyday for your eternal happiness and success (based on Koyama Method, i.e., me, Kay Koyama. lol)

今日のブログでは、NewsPicksで取り上げられていた、ForbsへのWilliam Arruda氏寄稿による「幸福と成功のためにすべき5つのこと」にインスピレーションを得て書いています。昨日は下の記事を書きました。



●幸せと豊かな人生のためにすべき「8つ」のこと(幸福や成功に向けて)

きょうもまたも×∞ (infinity)、NewsPicksのお題からのインスピレーションです。こうなるともう、「コバンザメ」ですね(大笑)。どんだけNewsPicksにくっついてんだか。

「今週もっとも読まれた記事」として、FobsにWiiliam Arruda氏による寄稿文「幸福と成功のために毎日すべき5つのこと」があげられていました。

★★★★★「数」で表現するのはやっぱり、目引きますねー!違うtopicですがForbs Twitterから。Quoting from the official Twitter site of Forbs’ ★★★★★

 

「2 感謝を示す」と「4 笑顔を保つ」は以前、私自身がこのブログで自身で書いたこととまったく同じだったので、「そーなんだよ、William!」という気持ちでいっぱいになりました (#^.^#)

  小山ケイ過去記事】強力なオーラをビジネスで生かそう。

浜松町のビル

原文を読んでいないのでどういう英語で書かれているのかは推測ですが、おそらく「Show your gratitude」「Keep your smile」とでもなっているのだと思います (Am I correct, William?)。

そこで今日は、「感謝をする」以外で私が新たに考える「幸福と成功のために毎日すべき5つのこと」を挙げてみますね。いや、日本式で末広がりの8にしましょう!

日本のかわいい道路工事標識

題して、「8 things to do everyday for your eternal happiness and success (based on Koyama Method, i.e., me, Kay Koyama. lol)

★”8″ is considered so powerful and lucky number in Japan because of its figure in Chinese letter, “八 (hachi)” with its spreading bottom called “Sue-hirogari” as if it seemed to take us to open, wider, happier, extending area like heaven (lol). 

**************************

 1)「一」(ichi)

宇宙とつながっていることを毎朝、ゆっくりと、確認する。(宇宙とは、ご先祖様、故人を含めた学会の大先輩たちの「知」、会社のOBOG、日本を作ってくれた偉人たち、世界のパワフルな偉人たち、そして動植物の「自然」など、あらゆることです)

Feel the strong tie with the “Universe.”

 

青山一丁目

 

2)「二」(ni)

1)の「ポジティブなパワー」を感じる。

Feel the positive power of the “Universe.” 

 

3)「三」(san)

前倒しでやってみる。

Do not procrastinate things to do. 

 

4)「四」(yon/shi)

自分の幸福が他人の幸福のアンプだと完全に信じ切る。

Strongly believe that your happiness amplifies others’ as well.  

 

5)「五」(go)

行動する。

Move. 

 

新幹線(東京・浜松町駅にて)

 

6)「六」(roku)

稼ぐ。

Get money.

 

BelfastのATM

 

7)「七」(nana/shichi)

お参りする。

Regularly go to a temple or a shrine to worship highly spiritual beings.

 

鶴岡八幡宮の茅の輪

 

8)「八」(hachi)

直感を信じる。

Trust your intuition.

では次の章で説明してまいります。

 

●自分の幸せや豊かさは自分一人で達成できたのではない。それがわかっている人は、「幸福や豊かさのリレー」のなかで恒久的に生きられる。

生まれた国や場所、地域によって、幸せや豊かさがすでに決まってしまっていることもあります。家柄やもって生まれたもの(美貌やスタイルの良さなど)もあるでしょう。

「感謝をする」ことの大切さは、それらがまずは自分独りで得られたのではない、ということを確認する作業です。

健康な体と心、笑顔が子供のころから自然と出る家庭で育てられたこと。

そら

生まれた国もそう。すでに故人となられているたくさんの人たちの努力や好意、想いによって、お金を払えばいつでもおいしいごはんがいただける国が出来上がる。ぞれも、世界的にみても、鮮度が高くて、食材の栄養度が高くて(昔と比べると土壌が弱くなったとしても)、芸術の域に達している文化度の高い料理すらいただける国。

 

多くのかたが「感謝すること」を幸せや豊かさのために大切なこととして上げているのは、感謝することからすべてが始まるからです。

人は生まれた瞬間から、自分一人では生きられない。

私の一日も、まずは「感謝すること」からはじまります。前回の記事、「強力なオーラをビジネスで生かそう」(Be a radiating person in business)では、そんな思いを込めて書きました。

*************************

さて。

今回は感謝をすること以外で「8つ」取り上げてみました。詳しくみていきましょう。

1)「一」(ichi)

宇宙とつながっていることを毎朝、ゆっくりと、確認する。

Feel the strong tie with the “Universe.”

 

いまや「宇宙」はビジネスするところとなったせいか(笑)、宇宙とつながる、というと精神世界のひと、現実を知らないひと、とみられそうな気がします。でも宇宙(universe)とは英語で「universality」という言葉が示す通り、「普遍性」と関係します。

普遍性とは、これまで生きてこられた方々が広く長期にわたって共有された想いや知恵、歴史、エネルギーなどなど。そこにつながる感覚です。そこからエネルギーや直感が送られてくるイメージです。

理由は、成功や幸せが、多くの人の支えで成り立つものだからです。普遍性に関係することで、多くの人が支えてくれたり、促してくれたりします。「多くのユーザーのニーズを満たした商品を市場に提供することで巨額の富を得る」というのはいち例です。

宗教に関係ありません。仏教をはじめとする多くの宗教はこの「universe」とはもちろん、つながっていますが・・・。

箱根

 

2)「二」(ni)

1)の「ポジティブなパワー」を感じる。

Feel the positive power of the “Universe.” 

 

戦前はネガティブなパワーにつながっていた時代もたくさんありました。ポジティブなパワーにつながることで、より社会性と公共性ある幸せや豊かさがやってきます。お茶の間の人気者ベテラン芸人のかたをみればわかりますよね。

 

3)「三」(san)

前倒しでやってみる。

Do not procrastinate things to do. 

 

「前倒し」がかならずしもいいことづくし、なのではないのですが、幸せと豊かさのためには「前倒し」を意識してみます。それは「直観」を通して一瞬のひらめきとしてやってくることがあるからです。「あとでやってみるか」では遅いことがある。

渋谷のビル

「幸運の女神は後ろがつるっぱげ。前髪しかないから、『来た!』と思った瞬間に前髪をつかむこと」

よく言われることです。

You must grab the bangs of the “Lady luck” as you see her passing by ‘cause she has no hair except the bangs, thus do not procrastinate to get lucky if you wanna keep “her.”

 

4)「四」(yon/shi)

自分の幸福が他人の幸福のアンプだと完全に信じ切る。

Strongly believe that your happiness amplify others’ as well.  

 

上記のとおり、自分ひとりでは幸せや豊かさは増幅させられません。多くの人々とともに、幸せに、豊かになっていくことを願い、それを日々イメージすることで、多くの人の協力もえられ、そして周りも同じく、幸せに、豊かになっていきます。

自分の幸せや豊かさが「アンプ(増幅器のことを日本ではアンプ、アンプっていうんですよ)」となって、他人の幸せや豊かさを増幅させるイメージです。

 

5)「五」(go)

行動する。

Move. 

 

説明、いらないですね。行動しないことには、結果はついてきません。

 

6)「六」(roku)

稼ぐ。

Get money.

 

稼がないことには、税金も光熱費も支払えません。寄付もできません。Netflixへの月々の支払もできませーん!(笑)

I need to pay for Netflix as monthly payment (lol)

 

7)「七」(nana/shichi)

お参りする。

Regularly go to a temple or a shrine (or a church) to worship highly spiritual beings.

 

「感謝する」に通じることです。自分ひとりで大きく立派になったのではない、健康はあたりまえではない、などなどをつねに自分の意識上に上らせるために、大いなる存在とつながる神聖な場所で、定期的にお礼参りにいきます。そうです。お礼参りです。お願い参り、神頼み参り、じゃないのです。

鎌倉の鶴岡八幡宮

8)「八」(hachi)

直感を信じる。

Trust your intuition. 

ともすると、ビジネススクールやアカデミックな世界、ビジネスの現場では否定されそうな「直感の力」ですが、社会性ある大きな偉大なことをなしとげたかたたちが大切にしていたもののひとつが直感である、ということはよく知られていますよね。

もちそろん、その感度磨きにも日々、精進が必要なのですが、それについては以前から何度か、このブログでも書かせていただきましたので、今日は割愛しますね。