【企業分析】スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ (Stumptown Coffee Roasters) US

今日の記事では、私が卒業した米国オレゴン大学のあるオレゴン州に本社を置く、スタンプタウン・コーヒー・ロースターズについて書いています。

<もくじ>
●スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ (Stumptown Coffee Roasters, US)
●会社としてのスタンプタウンの情報

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日は「企業分析」のカテゴリーで書きました。昨日書いた記事は下からごらんになれます。

●スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ (Stumptown Coffee Roasters, US)

登録してあるNewsletterからのお知らせで、米国スタンプタウン・コーヒー・ロースターズが日本第一号店を京都に先月開店したことを知りました。

スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ(以下、スタンプタウン)は米国オレゴン州ポートランドにあるコーヒー店。サードウエーブコーヒーの一翼を担っています。

私がオレゴン大学の学生だったときはまだ開業していなかったのですが(セカンドウエーブの雄スタバが日本に一号店をようやく出店したころですから・・・)、Newsletterをいつも読みながら、ポートランドの街並みを思い出しています。

いまや、「米国人がいちばん住みたい街」に毎年選ばれるポートランド。そこからスタンプタウンは生まれました。現在、ニューヨークやL.A.などにもお店があります。

日本では渋谷区のバトラーズコーヒー店(渋谷区西原2丁目26-5)がスタンプタウンのコーヒーを扱ったのが日本国内で初めてのスタンプタウン・コーヒーロースターズだと思います。

(店主のかたが長年、ポートランド本店で働いたのちに帰国して独立、と聞いたことがあります)

京都店は隈研吾さんによって再設計されたホテル「Ace Hotel」にあるそうです。

米国国外で初めての出店とのこと。さっこんますます、日本を海外初出店の地に選ぶ企業が増えてますね。

小山ケイ過去記事】「英語圏」という文化圏と、「日本」という独自性

そら

私が10年以上に渡って通いづづけた南青山の名店「大坊珈琲店」の店主・大坊さんも出演されているドキュメンタリー映画「A Film about Coffee」には、スタンプタウンの創業者や従業員のかたなども出演されています。

★★★★★Quoting from the official trailer on YouTube of “A Film about Coffee.”★★★★★

 

小山ケイ過去記事】復活!大坊珈琲店(2018年5月18日土曜日)

 

●会社としてのスタンプタウンの情報

本店所在地

100  SE Salmon Street, Portland, Oregon, US

私がオレゴン大学(University of Oregon)に留学していたときはInterstate 5(通称I-5)からいつもポートランド入りしていましたが、Downtownへ行く405号線に入らずにI-5を進んでさらに5分ほど車を走らせると工業地区がひろがります。

その一角。

Downtownとは目と鼻の先ですね。

浜松町

設立

1999年

非上場

セカンドウエーブのピーツコーヒーに買収された、と聞きました。

セカンドウエーブ系あるいはファースト系すらも確実に、サードウエーブ系へのシフトを試みていますよね。スタバがサードウエーブ系のショップを出したり、ファーストウエーブの代表格ともいえるNetsle(インスタントコーヒー)がBlue Bottle Coffeeを買収したり。

買収によって結局、サードウエーブ系がファースト・セカンドと変わらなくなったなんてことは、サードウエーブ系の消費者であるCoffeeloversがもちろん”No thanks”ですよね。

伝説の名店「大坊珈琲店」で10年以上に渡って鍛えていただいた私としては、大坊さんspiritが伝播したようなフォースウエーブコーヒー(Fourth-wave coffee)が米国をはじめ世界各地に現れるような気もしています。

個の時代にふさわしいFourth-wave coffee。

店舗のある都市

Portland, NYC, L.A., New Orleans, Kyoto (Japan)

日本のMARUHIRO(佐賀)とのコラボレーションによるマグカップがonline shopにて発売!とあったので見てみたのですが、すでにsold out。さすがです。

Contact to :

+1-855-711-3385   M-F 8-16

info@stumptowncoffee.com

オンラインショップは米国国内のみなのですが、海外へは電話とメールのやりとりで発送しています、とのことです。

イギリスの赤い郵便ポストです。british red post

*BBC Radio 4を今日、聴いていて。Anti-racism protestがポートランドでも起きている、と報道がありました。Stumptown Coffee RoastersからのNewslettersを読んだ直後です。

同社のwebsiteにはこう書いてありました。

“We stand with the Black Lives Matter”

https://stumptowncoffee.com

“【企業分析】スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ (Stumptown Coffee Roasters) US” への2件の返信

コメントは受け付けていません。