<サステナビリティ>「地産地消(ちさんちしょう)」を英語でどう、翻訳するか?(小山ケイ) “How are we gonna translate “Chi-San-Chi-Shou” in English?” by Kay Koyama.

今日の記事では、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動・地球温暖化対策・環境CSR(企業の社会的責任)」等に特化した専門翻訳会社を経営している私・小山ケイが、「地産地消(ちさんちしょう)」と言う言葉を英語訳してみることについて書いていきます。

<もくじ>
●<サステナビリティ>「地産地消(ちさんちしょう)」を英語でどう、翻訳するか?(小山ケイ) “How are we gonna translate “Chi-San-Chi-Shou” in English?” by Kay Koyama.
●”Exercise Chi-San-Chi-Shou producing and consuming food in the area”の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「Sustainability(持続可能性/サステナビリティ)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

●「地産地消(ちさんちしょう)」を英語でどう、翻訳するか?by小山ケイ

私が「地産地消」という言葉にはじめて出会ったのは約20年前。

当時はフリーランスの翻訳者をしていました。

サステナビリティという言葉にであったのもそのころ。

企業はまだ「CSR」のほうに重きをおいていましたが、そんな企業担当者たちを中心とした勉強会があって参加したときのことです。

その前から私自身は、米国大学で受講したクラスで、「航空機を利用することによる輸送コストや環境への影響」や「フードマイレージ(Food mileage)」について触れていたので、次第に「地産地消」という言葉を日本でも耳にするようになって、その価値観や提唱されていることを、うっすらとでも把握するに至っていました。

上記のグループセッションで参加したかたたちと話し合いをしたときに、ひとりの若い男性が「地産地消」という言葉を口にしました。

眼鏡をかけていて、カジュアルな服装の男性。

フリーランサーという雰囲気でした。

その男性がなぜそのとき、その言葉を発したのかはいまとなっては不明です。

でもその落ち着いた雰囲気のなかから発せられた一言は、20年たったいまでも私の記憶の中に焼き付いている。

 

「そう、地産地消。まさにそう」

 

当時の私はそう、心の中で彼に同意したのを覚えています。

**********

その土地で作られたものを、その土地でいただく。

一般には、農作物でおもに使われます。

 

地産・・・produced/created/cultivated in the area

地消・・・consumed/taken/eaten in the area

 

【「地産地消」が意味すること】

1) 輸送手段を最小限にすることによる、「カーボンニュートラル」の追求。

2) 地域経済の活性化。

「地域経済のサステナビリティ」

3) その土地で生活する人と、その土地が同化することによる健康の追求。

「サステナブルな健康 (Sustainable health)」

「サステナブルな心身 (Sustainable body and mind)」

→ 南国で取れる食べ物は南国で取れる理由があり、北国で取れる食べ物は北国で取れる理由があります。

ヨーロッパの水と日本の水も違う。

昔からその土地で食されてきた食べ物は、その土地の人の知恵や「体にしっくりくる感覚」に基づいていることが多い。

 

+;+++++++++

【地産地消の英語訳 by小山ケイ】

1) Producing and consuming food in the area

→ 頭に「Excercise “Chi-San-Chi-Shou”」として、地産地消を「運動」として表現することも可能。

 

2) Sustainable economy, the environment, health, and even body and mind of the people in the area

 

●”Exercise “Chi-San-Chi-Shou” producing and consuming food in the area”の発音。

1) エ(ここが一番、音程が高い)

2) (母音なしで)「K」

3) セ

4) サイ

5) (母音なしで)「Z」

6) チ

7) サン

8) チ

9) ショウ

10) 「P」

11) (舌先を口腔内に軽くまいて)「Ro」

12) デュー

13) (”Sing”と言うときの発音で)「Sin」

14) (連結発音で)「Ga」

15)  「ND」

16) コン

17) スー(ここも、音程が高い)

18)  ミン

19) 「G」

20) (上前歯で下唇の内側を軽く噛んで)「Fu」

21) (母音なしで)「D」

22) イン

23) (舌先を上下の前歯で軽く噛みながら、「Zi」と言うつもりで)「Thi」

24) エ

25) (舌先を口腔内に軽く巻いて)「Ri」

26) ア

27) エ + 「K」 + セ + サイ + 「Z」 + チ + サン + チ + ショウ + 「P」 + 「Ro」 + デュー + 「Sin」 + 「Ga」 + 「ND」 + コン + スー + ミン + 「G」 + 「Fu」 + 「D」 + イン + 「Thi」 +  エ +  「Ri」 + ア

 

 

 

“<サステナビリティ>「地産地消(ちさんちしょう)」を英語でどう、翻訳するか?(小山ケイ) “How are we gonna translate “Chi-San-Chi-Shou” in English?” by Kay Koyama.” への12件の返信

コメントは受け付けていません。