【英語の上達】「as なになにas」を英会話に使う。2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第3問A」から。(その3)

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、2021年から開始した大学入学共通テストの英語リーディング試験「第3問A」から「その3」として「asなになにas」をとりあげて書いていきます。

<もくじ>
●【英語の上達】「asなになにas」を英会話に使う。2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第3問A」から。(その3)
●”as much as possible.”を潜在意識という無意識の領域に落とし込む具体的な方法。英会話でスラスラ、ぺらぺらと口をついて出てくるようにするために。
●”as much as possible “の発音。


このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。




●【英語の上達】「as なになにas」を英会話に使う。2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第3問A」から。(その3)

門前仲町の桜

毎日新聞「大学入学共通テスト2021」問題と回答 (URL)  https://mainichi.jp/exam/kyotsu-2021/q/?sub=L1A3

2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第2問B」から。

今日は”asなになにas”を取り上げます。

*******************************

「~とおなじ」として習うことの多い、asなになにas。

英会話でも多様できる便利な言い回しです。

たくさん練習して使ってみましょう!

**********

今回の出題箇所では、「いつもの3倍かかる (as long as)」という意味で出てきました。

そのほかには、こんな言い方もできます。

★as much as possible

★as same as before

★as fast as I can

★as young as she is

使い方としては、

A → asなになにas → B で、

A = B (almost)




 

●”as much as possible”を潜在意識という「無意識」の領域に落とし込む具体的な方法。英会話でスラスラ、ぺらぺら出てくるために。笑

Hamamatsu-cho, Tokyo

1) ”I’ll do my best as much as possible.”と言うとします。

2)  想定する場面は、大学入学共通テストの会場。

3) これまで勉強してきたことを信じて座っているところを映像として思い浮かべます。

4) ”I’ll do my best as much as possible”と、声に出します。

5) ゆっくりと、大きな声で。5回。

6) 「よし、やるぞ!」という気持ちを5)のときに込めます。しっかりと。

7) 6)を一か月間、やり続けます。

8) 忘れたころにまた、やり始めます。

9) これを半年から1年、繰り返します。

10) 余力があれば、ガッツポーズや「ぐっじゃ」ジェスチャー (Thumbs up)をつけて音読します。

10) 英会話の学校にて。「試験はどうなりそうですか? (What are you gonna do for your entrance exams?)」と講師の先生に尋ねられたとき、スラスラと口をついてでてきます。

“I’ll do my best as much as possible.”と。

●”as much as possible”の発音。




1) ア

2) (母音なしで)「Z」

3) マッチ

4) ア

5) 「Z」

6) (「パ」というようにして)「Po」

7) (「セ」というようにして)「Si」

8) (「ボ」というようにして)「Bo」

9) (舌先を上前歯の裏側に軽くつけて)「L」

10) ア + 「Z」 + マッチ + ア + 「Z」 + 「Po」 + 「Si」 + 「Bo」 + 「L」

*”possible”の発音が日本語にない音が多いので難しいかもしれません。「ミッション・インポッシブル」の「ポッシブル (Po-Sshi-Bu-Lu)」ではありません。笑

*9)は母音なしで「L」と発音するため、発音していないように聴こえます。

【付録】

“What are you gonna do for your entrance exams?”の発音。

1) ウァ

2) 「La」(北米英語)

3) ユ

4) ゴナ

5) ドゥ

6) 「Fo」

7) 「R」

8) ユ

9) 「R」

10) エン(ここが一番、音程が高い)

11)「T」

12) 「Ra」

13) ン

14) 「S」

15) イ

16) 「G」

17) ザ

18) 「M」

1)から18)までの速度、一般nativesはものの2,3秒です。

(英会話学校の先生はゆっくり、言ってくれるだろうけれど・・・)