“Put it on”が「プリロ~(ン)」に聞こえるーNHK FM「中学生英語」を聴いていて。<英語リスニングのコツ>

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、「英語リスニングのコツ」として「Put it onの発音」について書いていきます。

<もくじ>
●”Put it on”が「プリロ~(ン)」に聞こえるーNHK FM「中学生英語」を聴いていて。<英語リスニングのコツ>
●”Put it on”の発音。

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)徒然なるままにひぐらし。」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

(このブログの記事内に掲載の写真はすべて、私・小山ケイ自身の撮影によるものです)

●”Put it on”が「プリロ~(ン)」に聞こえるーNHK FM「中学生英語」を聴いていて。

NHK FMの「中学生英語」を聴いていて。

私はすらっと聞き流してしまったのですが、“Put it on”の発音

あらためて思ったのは、「米国英語は母音+T+母音の綴りのときにラリルレロみたいに聴こえる」ということ。

それが自分の無意識の領域に落とし込まれていないと、まるで「プリロ~(ン)」とだけ発音されているように聴こえます。意味は分からず。

なにそれ、ですよね(笑)。

米国英語のnativeが「プリロ~」と発音していて、日本語nativesの頭のなかに”put it on”という字面(じづら)が思い浮かぶかどうか。

意味が瞬時に思い浮かぶかどうか。

●”Put it on”の発音(米国英語)。

1) プ

2) (連結発音で)「Li」(米国英語)

3) (連結発音で)「Lo」(米国英語)

4) ン

5) プ + 「Li」 + 「Lo」 + ン