<サステナビリティ英語>Greenery Day (Green Day)「みどりの日」in Japan on May 4

(私が長年、寄付をしている「国境なき医師団 (Medecins Sans Frontieres)」が、ウクライナ (Ukraine) での活動を開始しています。下記サイトからは寄付も可能です。)

https://www.msf.or.jp/news/detail/headline/ukr20220302nt.html

You can donate for Ukraine through the above website of the Organization.

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、「みどりの日」の英語訳について書いていきます。

(おかげさまで、一日に1,000PV前後読んでいただけるブログに成長しました。このブログを推奨してくださったかたもいらっしゃいます。ありがとうございます!)

<もくじ>
●<サステナビリティ英語>Greenery Day/Green Day「みどりの日」
●”Grace of the nature”の発音。

(ブログの記事内に掲載の写真はすべて、私・小山ケイの撮影によるものです)

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「Sustainability(持続可能性/サステナビリティ)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

(執筆や翻訳のご依頼は、郵送にてご連絡ください。107-0052 東京都港区赤坂5-5-9 1F MBE114 小山ケイ。eメールやSNSなどでのご依頼は現在、お受けしておりません)

●<サステナビリティ英語>Greenery Day (Green Day)「みどりの日」

本日5月4日は「みどりの日」。

2006年までは4月29日がみどりの日でした。

”1989年、「みどりの日」として毎年4月29日が国民の祝日に定められた。「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」という趣旨によるもの。同時に、4月23-29日が「みどりの週間」に設定されている。” ー 一般財団法人環境イノベーション情報機構(EIC)のサイトより引用。

https://www.eic.or.jp/ecoterm/?act=view&serial=2519

 

「みどりの日」の主旨は、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」と祝日法には記されているそうです。

これは表の目的。

「ゴールデンウイーク」として5月4日も祝日にすることで、3連休となって大きな経済効果が期待されます。

これが裏の目的。笑

 

ちなみに、「自然の恩恵に感謝する」を英語にすると、“Be grateful to the grace of the nature.”

【その他】

「恩恵」を”Gift”としたり”blessing”としたりすることもできます。

そのときに現れるのは、

★”Divine (Divinity)”

★”God”

★”Universe”

★Sacred being/existence

 

●”Grace of the nature”の発音。

 

1) 「G」

2) 「Rei」

3) (連結発音で)「So」

4)「V」

5)(舌先を軽く噛んで「Za」というようにして)「Tha」

6)Nei

7) チャ

8) 「R」

9) 「G」 + 「Rei」 + 「So」 + 「V」 + 「Tha」 + 「Nei」 + チャ + 「R」

“<サステナビリティ英語>Greenery Day (Green Day)「みどりの日」in Japan on May 4” への1件の返信

コメントは受け付けていません。