<私の好きな英語>”Thank you.”

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、「私の好きな英語」として”Thank you”を取り上げます。

<もくじ>
●<私の好きな英語>Thank you. 
●”Thank you”の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「徒然なるままに、ひぐらし。」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

●私の好きな英語”Thank you.”

くまの顔をしたクッキーです。

とてもひらたく、子どもでも使っている“Thank you.”

以前私はこのブログで、「感謝を表す言葉として、”Gratitude”という言葉が好き。品の良さを感じるから」と書きました。

Thank youは二人称代名詞がでてくるのですから、相手にとってもとても直接的です。

横浜の工事現場

子どもでも知っているくらいなのだから、教養や知性というよりも、その人が持つ「相手に「ありがとう」と感謝する気持ち」とダイレクトにつながっている。

Gratitudeは自分ひとりのなかにも存在し得るのに対して、Thank youはダイレクトであるがゆえに、他者を必要とする(鏡のなかの自分に向かって言うのでなければ)。

たとえるなら、「自主練とキャッチボールの違い」

 

自主練はどこまでも自分のなかに沈んで、とことん努力をするのに比べると、キャッチボールは相手がいるがゆえに、相手にとって受け取りやすいボールを考えなければならない。

“Thank you”と言う言葉は相手とキャッチボールするための言葉。

★言い方。

★声の大きさ

★目線

★表情

★ボディランゲージ(Thank youといいながらハグしたり握手したり肩をパッティングしたり)

*************************

私は「ありがとう」という言葉が大好きです。

日本語でも英語でも。

ひとりの人に対して、一度に三回、言うようにしています。笑

できるかぎり。

 

何度行っても減るわけじゃない。

そして、相手とつながれる。

不思議な感覚をともなって。

 

 

Thank you 1)

家族や友人知人に対して。

 

Thank you 2)

カフェやレストランで接客してくれた店員さんに対して。

 

Thank you 3)

自分に対して。

手鏡

 

●”Thank you”の発音。

小山ケイ本人が書いた英語の筆記体です。Written and taken by Kay Koyama.

1) (舌先を軽く噛んで「Sa/e」)「Tha」

2) 「N」

3) (しっかり、声に出して発音。吐息にしない)キュゥ

4) 「Tha」 + 「N」 + キュゥ

 

【年末付録。笑】

私も利用しているエックスサーバー社から、「WordPressを始める人に向けて動画を公開しました!」とお知らせがありました。

よろしければどぞー。

WordPress使いやすいっす。

 

“<私の好きな英語>”Thank you.”” への1件の返信

コメントは受け付けていません。