<英語>”However,”をつかいこなしてみる。

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、「私の好きな英語」として”Thank you”を取り上げます。

<もくじ>
●<英語>”However,”をつかいこなしてみる。 
●”Adverb”の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

●”However,”を使いこなしてみる。

小山ケイが自分で書いた手書きの英文

 

以前、私はこのブログで、長文読解や文章にでてくる”However”について書いたことがあります。

Howeverは固い表現の副詞 (Adverb)ではありますが、会話にも使えます。

プレゼンにも。

 

**************

以前、上記のブログで書いたように、Howeverをサンドイッチのように挟んでいる前後の文章は、ほぼ180度異なることです。

会話であれば、こんな使い方ができます。

★相手の意見を否定する(こんな見方もあるよ、と)。

★自分が言ったことに対して、「しかしながら~なのです(だったのです)」と異なることを表現する。

★切り返し。

 

【使う場面】

◆会社の会議(英語)

◆スピーチ(展示会などで行われるセミナーなど)

◆取引先へのプレゼン

◆スピーキング試験

◆アカデミックな発表 

◆フォーマルな場面

◆法のもとでの場面(法廷など)

など。

 

大学入学共通テストであれば、今後はスピーキングテストが入ってくる、と言われています。

TOEICや英検、留学、ビジネス会議でも使えます。

ぜひその使い方を覚えて利用してみましょう!

I think that climate change has a crucial impact on earth. However, not so many companies in Japan have aimed to create effective products and services to tackle with it because of cost, lack of technology, and the capacity of market.  

 

●”Adverb”の発音。

小山ケイ本人が書いた英語の筆記体です。Written and taken by Kay Koyama.

1) ア

2) 「D」

3) 「Va」

4) 「R」

5) 「B」

6) ア + 「D」 + 「Va」 + 「R」 + 「B」

“<英語>”However,”をつかいこなしてみる。” への1件の返信

コメントは受け付けていません。