【英語リスニングの上達】2021年大学入学共通テスト第2日程「英語リスニング試験第1問A」から。

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、2021年から開始した大学入学共通テストの第2日程(1月30日、31日実施分)「英語リスニング試験」から、「第1問A」について書いていきます。

<もくじ>
●【英語リスニングの上達】2021年大学入学共通テスト第2日程「英語リスニング試験」から「第1問A」について。
●”But I haven’t finished, yet ”の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。




●【英語リスニングの上達】2021年大学入学共通テスト第2日程「英語リスニング試験」から「第1問A」について。

小山ケイ直筆の英文

 

<リスニング問題>

朝日新聞社公式YouTubeサイトから。

 

<問題文>

毎日新聞社「2021年大学入学共通テスト第2日程「英語リスニング試験第1問A」が掲載されたサイトから。

https://mainichi.jp/exam/kyotsu-2021b/s/?sub=L1A

 

2回、読み上げられる問題です。

聴いた限りではいたって簡単な言い回しです。

とくに“Question No.3”などは私も会話でよく使います。

では、詳細を見ていきましょう!

************************

私は音声だけを最初に聴きました。

ごく一般的な会話です。

 

選択肢を見てはじめて、「ああ、そういう試験問題になっているのか」と分かりました。

聴き取るコツは、次の「音」です。

 

問1

1) ”When”

2) ”at”

3) 「3」

 

問2

1) ”want to wear”

2)  ”but”

3)  ”blue” 

4) ”ones”

*”ones”は複数形です。「s」の音が聴き取れましたか?

 

問3

1) Would

2) tell

3) Kevin’s

4) Email address

5) 「?」(しり上がりの音)

*”you”と尋ねている人に、”Kevin’s”と言っているのだから、”you”と”Kevin”は別の人ということになります。

*余談ですが、もし知っていれば、“Sure.”

A: Would you tell me Mary’s last name, please?

B: Sure. Could you write down or do you want me to spell her last name?

 

問4

なかなかに難しかった。大笑

ぼーっと聴いてると、選択肢をみて「あれ???どれもあってないじゃん」と思えてしまう。

でも、実際に受験するのであれば、選択肢を見ながら耳をダンボにしているとわかります。

「音」そのものは難しくはない。

けれど、選択肢がひねりがきいてるのです。

必要なのは、「想像力」

「遅刻してしまう」のは、プレゼントを包もう(意志)としているから。

ですよね?

それを、正解として選ぶ。

「意志を表す英語」とともに。→→

   とはいいつつ。

   こういう言い回しって英語というより

   日本語っぽいような。と意地悪なことをひとこと。笑

  なんか、言葉足らずなのです。

  要するに、speakerは相手の想像力にゆだねているわけですよね。

  一般的な英語native、それもちゃんと教育を受けたような人なら、

  こう言うんじゃないかなぁ。by Kay Koyama.

 「ケーキは焼けたよ。でも、プレゼントをまだ包装してないんだ。

  プレゼントは包装したい (I wanna wrap the present)。

  プレゼントを包装するには時間がかかる (But it takes more time.)。

 だから(よって)(Therefore/So)、待ち合わせの時間には遅刻することになるね」

イタリックの英文箇所は、私コヤマが「今回の試験で隠されている部分(そして、言葉足らずだよなぁ、これが現実の英会話であれば・・・)」とした英訳です。







●”But I haven’t finished, yet”の発音。

Stumptown Coffee Roasters

1)  バ

2) (連結発音で)「Lai」(米国英語)

3) ハ(ここが一番、音程が高い)

4) (上前歯で下唇の内側を軽く噛んで)「V」

5) (母音なしで)「NT」

6) (上前歯で下唇の内側を軽く噛んで)「Fi」

7) ニッ

8) 「Sh」

9) (母音なしで)「T」

10) イェッ

11) (母音なしで)「T」

12) バ + 「Lai」 + ハ + 「V」 + 「NT」 + 「Fi」 + ニッ + 「SH」 + 「T」 + イェッ + 「T」

*9)から10)はじゃっかん、連結発音ぎみになります。「che」のような。