【英語の上達】Less,とLeastを英文で使いこなす。洗練されたライティングにするために。2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第4問」から。(その3)

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、2021年から開始した大学入学共通テストの英語リーディング試験「第4問」から「Least(そして、Less)」について書いていきます。

<もくじ>
●【英語の上達】LessとLeastを英文で使いこなす。洗練されたライティングにするために。 2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第4問」から。(その3)
●”Least busy”の発音。

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。




●【英語の上達】LessとLeastを英文で使いこなす。洗練されたライティングにするために。 2021年大学入学共通テスト「英語リーディング試験第4問」から。(その3)

小山ケイが自分で書いた手書きの英文

毎日新聞社「2021年大学入学共通テスト」

https://mainichi.jp/exam/kyotsu-2021/q/?sub=LEN16

 

2021年大学入学共通テスト「英語リーディング試験第4問」から。

“least busy”という言い回しが出てきます。

“Least”は

「最小」「いちばん少ない」「程度が一番やわらいでいる」「いちばん低い」。

 

“It is not busy”と言えなくもないですが、”Least”とつくことで、

1) Busyである可能性について、筆者は考慮している(ことをアピールできる)。

2) ”not”は完全否定だけれど、”Least”はさまざまな要素、多面性への筆者のオールラウンドさを表現できる。

 

1)と2)によって、“Least”を使う筆者は洗練された印象を読者(読み手)に与えることができます。

 

least intellectual  vs., not intellectual

least beautiful vs., not beautiful (ugly…)

least impressive vs., not impressive

 




 

“Less”もそうです。

「より少ない」「より程度がやわらいでいる」「より低い」。

 

よって、LeastやLessを意図的に使う訓練をしてみる。

まずはライティングで。

(口語で使おうとすると、状況次第ではかえって「鼻につく」。笑)

→ 「あたし・俺は、自分が洗練されていることを演出してるのよ~」のような。

 

●”Least busy”の発音。

1) (舌先を上前歯の裏側に軽くつけて)「Li」(伸ばす)

2) (母音なしで)「ST」

3) ビ

4) 「Zi」(ジー、ではない)

5) 「Li」 + 「ST」 + ビ + 「Zi」







“【英語の上達】Less,とLeastを英文で使いこなす。洗練されたライティングにするために。2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第4問」から。(その3)” への1件の返信

コメントは受け付けていません。