英語の発音。「メリハリを大切に」Pronounce English like you sing.

今日の記事では、英語の発音はメリハリを大切にする、ということについて書いていきます。

<もくじ>
●英語の発音。「メリハリを大切に」
●メリハリのつけかた。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーで書いた前回の記事は下からご覧になれます。

●英語の発音。「メリハリを大切に」

I wrote this by Kay Koyama

先日このブログで、”Extraction”というコーヒー用語について取り上げました。

  小山ケイ過去記事】コーヒー英語-“Extraction”

 

そのときに、「いちばん音程が高くなる”Ra”の部分は、すこし大げさなくらい口を大きくあけて発音したほうがいい」と私は書きました。

そのまえの部分に子音の発音が続くので、じゃっかん、音が聴きとりずらくなるからです。

音楽的な表現でいうと、「ピアニッシモがいくつか続くのだけれど、”Ra”の部分は母音がついていることと音程が他とは違って一番高くなることもあって、明確な変化を聞き手(聴き手)は感じられるから」。

たとえ”kst”の部分が聞き取れなかったとしても、”Ra”がはっきりと、しかも高い音程で発音されれば、聞いている側はそのまえの「エ」の発音でその人が”Extraction”と発音している、と理解できるはずです。

英語の発音でメリハリを大切にしたほうがいい理由は、以下のとおりです。

1) 母音なしで子音だけを発音する部分は聞き取りづらくなりやすいため。

2) 音程の高低で言葉の意味が把握される言語なのので。

3) ひとつひとつのSyllable の音の長さがまるで音符のようにそれぞれ異なるので。

(だからシンコペーションが命のJazzやR&B、ラップに乗りやすい。英語は)

 

それゆえ、たとえば大学受験や英検のスピーキングテストやビジネスの商談で英語を話す場合、メリハリを意識して練習すると、相手に意味が通じやすくなります。

●メリハリの付け方。

1) 母音がついてくる音をしっかり発音する。

2) 子音だけの音はごまかしてもいい(笑)。

3) いちばん音程が高くなる部分はしっかり、高い音程で発音。

4) 慣れてきたら「リズム」を表現する(上級者向け)

5) 炸裂音はしっかりさく裂させる。

たとえば2)の、「子音だけの音」もしっかり発音しようとすると、母音を付けて発音したり、長めの音を出そうとしてしまいます。

でもnativesを含めてそういう発音はしていない。

子音だけの音は英語の傾向として、音が短めになります。

そしてわりと無音に近い。

だから”McDonald’s”は「マクドナルド (ma-ku-do-na-lu-do)」ではなく”Ma(K)Dana(LS)”のような音に聞こえる。カッコ内のK LSは子音だけなので発音していないともいえます。私の場合ですが・・・。

5)の「炸裂音」は「B」の音に代表される「空気を激しく振動させるような音」。

その場の空気を一気に、びりびりと振動させるような。

Businessはさいしょにびりびりっと振動させる。「ビジネス」ではなく。

Vibrationは「V」と「b」をしっかりさく裂させる。「バイブレーション」ではなく。

“英語の発音。「メリハリを大切に」Pronounce English like you sing.” への1件の返信

コメントは受け付けていません。