「映像と感情を上手に使う。願いを叶えるために」ー小山ケイの人生ドリル132「願いを叶える方法」Part2

今日の記事では、母校の青学から単位を持って米国大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再度、母校の青学(大学院)へ入ってMBAを取得した私・小山ケイが、「願いを叶える方法」について京都明日に分けて書いていきます。

<もくじ>
●「映像と感情を上手に使う。願いを叶えるために」ー小山ケイの人生ドリル132「願いを叶える方法」Part2
●なぜ「気持ちよくしていると、願いが叶うのか」。
●気分よくしていると、願いは叶いやすい。ただし、時間はかかる。

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「サステナビリティ・持続可能性/ Sustainability」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

●「映像と感情を上手に使う。願いを叶えるために」ー小山ケイの人生ドリル132「願いを叶える方法」Part2

前回のPart1では、「願いを叶えるためには、つねに気分よくしていること」と書きました。

私の言う「願いを叶える」とは、「次の人生ステージに進むため」です。

より高みに行くため。

より人生の目的を知るため。

いよいよ「人生の意味」を実現させるため。

「自己チュー」の「願いを叶える」ではなく、「多くの人たちと、より楽しく、幸せに、この世での人生を謳歌するため」。

以前も何度かこのブログで、「映像化と感情を大切にする」ということについて触れました。

自分の頭のなかで映像化したり感情に気づいたりすることはアタマではありません。

瞑想や座禅、ヨガ、腹式呼吸、心身の統一などの「訓練」を経て、どんどん上手になっていくものだと思います。私の実体験です。

それらがなぜ、「願いを叶えることに有効なのか」はますます、科学的 (Scientifically)に証明されてきています。

→ それをここで書くと無断掲載でパクりになってしまうのでやめますが。笑

 

私の実体験としても、「映像化と感情」はとにかく、あらゆる場面でアタマ以上に豊かな経験をもたらしてくれます。

★英語の習得

★スポーツでいい結果を出す。

★「こうしたい」と思ったことを叶えられる。

 

●ただし、「感情」は「自分が気持ち良いもの」を抱く。

不思議なもので、いわゆる「ネガティブな感情」を抱くとなぜか、私の場合はよからぬ結果をもたらします。

仕返ししてやる。

うらやましい。

ねたましい。

恨んでやる(笑)。

まぁ、年齢とともにこれらもかなりやわらいだので、多少の誇張(?)は入ってますが、多かれ少なかれ、こうした気持ちを抱いたあとになぜか自分に跳ね返ってくることは私も経験しています。

道や店でイラっときて悪態ついたり心の中で毒気づくと、あとで自分も同じような目に遭う。

あるいは、自分にとって良くないと思えることが後日に起こる。

 

反対に。

自分が「気持ちいい」「心地よい」と思える感情を抱けば抱くほど、いい結果が得られることがある。

そのさいたるものが、「感謝」

何度もこのブログで私は書いています。

人になにかしてもらったときに、心からお礼を言う。

ことあるごとに心の中ででも感謝を述べる。

あらゆることに感謝の気持ちを持つ。

 

ありがとう。

ありがたい。

 

私もその理屈はよくわかりません。

(というか、米国の科学者がその理由を述べているYouTube動画にはさいきん、すっかりはまってますが・・・。笑)

私自身が自分の経験として「これが理由かな」と思えることは、こんなことです。

1) 心の底から感謝の気持ちを抱くときは、心身ともに穏やかな状態である。

2) 1)が本心であればあるほど、心身はリラックスした状態である(私の場合)。

3) つねひごろから「感謝」していると、それが習慣化する。

4) あるとき、なにかしたいと思う夢や目標ができたとき、3)であれば、あらゆることに感謝できる。

5) それによって、「なぜか」不思議と、4)がかなえられるような状態が起こったり引き寄せられたりする。

→ 私が自分のプロフィール欄にもかいているように、私の好きな言葉が「万事塞翁が馬」なのもこれが理由です。いっけん「悪い」と思えることでもなぜかあとで「良いこと」になる、ということを私は未成年のころから経験してきました。

 

上記は「感謝の気持ち」を例にしていますが、ほかの「気持ちよい寛恕」もほぼ同じです。

★うれしい

★楽しい

★わくわくする

★ほっとする。

★安心する

★心が明るくなる

 

感謝の気持ちをつねに抱いている人は:

◆自然と笑顔になりやすい。

◆それを観た人にとって印象がいい。

◆人に優しく接することができる。

◆人とのコミュニケーションが楽しくできる。

◆ほかのひとから好かれやすい。

◆「何か一緒にやってみたい」と思ってもらえる。

◆「力になりたい」と思ってもらえる。

◆人として大切に扱ってもらえる。

◆好感度が高まる。

 

いつも気持ちよく「ありがとう」とお礼を言ってくれたり、何に対しても感謝の気持ちを持っている人と一緒にいると、心が和むことが多いですよね。

そういう人が夢や目標をもっているとする。

そしてそれらが、自分以外のひとたちも喜んでくれるようなものである場合。

その夢は現実として叶いやすい。

だって、まわりも力を貸してくれるから。

磁石にすいつけられたように。