【英単語】Bootleg

今日の記事では、Peter Barakan氏のラジオ番組で知った英単語、「Bootleg」について書いています。

<もくじ>
●”Bootleg”
●”Bootleg”の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーで書いた前回の記事は下からご覧になれます。

●”Bootleg”

Peter Barakan氏のラジオ番組を長年聴いていて知った言葉です。

Peterさんは日本語の「海賊版」と言わずにいつも「Bootleg」と英語で言うのです。それで、「Bootlegってなんだろう??『ブートキャンプ』とは別物だろうか??」と調べて「海賊版」のことだとわかった次第。

日本のかわいい道路工事標識

初めて耳にした印象はイタリアの地図みたいにブーツ型のもの。

ピーターパンのキャプテンクックの脚みたいに。

キャプテンクックは海賊のはずですから、海賊=ブーツを履いている、ってイメージがあるのでしょうか。英語圏には。

その次にイメージしたことは、「禁酒時代に密造酒をブーツの中に隠す映像」です。

横浜・赤レンガ倉庫

「正規のルートを合法的に通らずに、『ブーツに隠すようにして流通させる』」ってことかもしれませんね。

そんなシーンをたしか、どこかの映画で見たような気がします。

と思って調べてみらたら、Bootlegの語源はどうも、密造酒関連から来ている模様。

やはり。

(日本ではなぜ、「海賊版」と呼ばれるのか?にも興味を感じたので調べてみたのですが、なんだか理屈っぽくてマニアックな話ばかりだったので調べるの、やめちゃいました。笑 音楽は入れ込む人、多いです。コーヒー、蕎麦、ワイン、スシと同じ。個人の思い入れがやたら強くなる)

●Bootlegの発音

1)  ブー

2) (母音なしで)「T」

3) (舌先を上前歯の裏側につけながら)「Le」

4) (母音なしで)「G」

5) ブー + 「T」 + 「Le」 + 「G」

このブログのカテゴリー「英語(潜在意識を味方につけて)」はこの記事から書き始めています。