【コーヒー英語】”Brew”

大坊珈琲店からのお知らせんハガキ

今日の記事では、Coffee personのである私・小山ケイが、英語で「コーヒーを淹れる」を意味する”brew”について書いていきます。

<もくじ>
●コーヒー英語”Brew”
●”Brew”の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーで書いた前回の記事は下からご覧になれます。

●コーヒー英語”Brew”

Japanese coffee legend, Daibo-san and his wife in Tokyo.

“Brew a cup of coffee”で「コーヒーを淹れる」。

そのほか、”Brew a cup of tea”で「紅茶を淹れる」。

 

Brewがいちばんよくつかわれるのはビールだと思います。「醸造する、醸成する」という意味の英語です。

★★★★★この景色はオレゴン。途中の演出も良し。笑 Quoting from the official YouTube video of Stumptown Coffee Roasters’ of which headquarters in Oregon ★★★★★

 

ビールで使われる”brew”がなんでコーヒーで使われるのかなぁ、と私も不思議なのですが、日本語で考えてみました。Brewの日本語訳である「醸(かも)す」には、「水を加えて発酵させる」という意味があります。

コーヒーを淹れているとふっくら膨らんでくることを“off-gas“とか“de-gas”などと言うので、まるでアルコールがぶつぶつと発酵するようにふつふつ、ふわっと膨らむ様子から”brew(醸す)”という言葉が英語圏で「淹れる」を意味するようになったのかな、と思ったり。

ゆっくり淹れるごとにふわっと立ち上がってきますよね。

brew = give rise

でもあるらしいので、”brew”という英語自体にはアルコール分を生成させる、という意味愛よりも、「ふつふつ、ふっくらと、なにかを生じさせる・作り出す」という意味が一番強いのかもしれません。

“Brew” = Beer と強く結びつけると、“Brew a cup of tea/coffee”とは思い出せないかもしれません

 

●Brew”の発音

1) 

2) (舌先を少し口腔内の後ろにまくようにして)「Ru」(ここが一番、音程が高い)

3) のばす。

4) ブ + 「Ru」+ のばす。