【英語の上達】”with a request” “I was (am) going to do” “But I forgot to do”。発音も。2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第1問A」から。

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、2021年から開始した大学入学共通テストの英語リーディング試験「第1問A」から「”with a request” “I was (am) going to do” “But I forgot to do”」をとりあげて書いていきます。

<もくじ>
●【英語の上達】「便利な英語」”with a request” “I was (am) going to do” “But I forgot to do”。発音も。2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第1問A」から。
●”But I forgot to do”の発音。

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。










●【英語の上達】”with a request” “I was (am) going to do” “But I forgot to do”。発音も。2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第1問A」から。

★★★★★朝日新聞社公式YouTubeサイトからの引用です。大学入学共通テスト2021「英語リスニング試験問題」音声。Quoting from the official YouTube video of Japanese newspaper, The Asahi Shimbun Company ★★★★★

毎日新聞「大学入学共通テスト2021」問題と回答 (URL)  https://mainichi.jp/exam/kyotsu-2021/q/?sub=L1A3

 

2021年大学入学共通テスト「英語リーディング第1問A」から。

今日は”with a request” “I was (am) going to do” “But I forgot to do”を取り上げます。

*******************




★With a request

「してほしこととともに」とか「依頼文と一緒に」「お願いごととして」とか、いろいろな使い方ができます。

 

読み方はものの1秒。

「ウィ + Za + Ri + K + ウェス + (T)」みたいな発音です。

 

何回も何回も音読してみてくださいね。

リスニングの力も上がりますよ。

 

★”I was (am) going to do”

口語であれば、“I was gonna動詞の原形となるところです。

I was gonna go there.

I was gonna study

I was gonna eat

etcetc., 

 

「動詞の原形をしようとしていた」

 

でも、よく使われるのは”I’m gonna 動詞の原形”という現在形だと思います。

便利な言い回しなので、英会話やスピーキング試験のためにも、練習してみてくださいね。

 

I’m gonna go there.

I’m gonna study.

I’m gonna eat.

 

 

★But I forgot to do

「し忘れた」

“do”のところに自分が「しなかったこと」の動詞の原形を入れて使います。

 

字面でみると簡単な言い回しですが、これがリスニング試験や英会話で出てくると、聞き取れなくなることもあるかも・・・。とくに米国英語の発音です。

 




●”But I forgot to do”の発音。(米国英語)

1) バ

2) (舌先を上前歯の裏側につけて、「T」の音を鳴らすようにしながら)「La」(連結発音も含む)

3) イ

4) (上前歯で下唇の内側を噛むようにして)「Fo」

5) ガッ (ここが一番、音程が高い)

6) (母音なしで)「T」

7) トゥ

8) ドゥ

9) バ + 「La」 + イ + 「Fo」 + ガッ + 「T」 + トゥ + ドゥ