Let’s get started!「さぁ、はじめましょう!」

Let’s get started!

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、Let’s get started!について書いていきます。

<もくじ>
●Let’s get started!「さぁ、はじめましょう!」
●”Let’s get started”の発音

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記記事は「英語(潜在意識をみかたにつけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

(執筆等のご依頼は、107-0052 東京都港区赤坂5の5の9 1F MBE114)

●NHK FM「中学生英語」から。”Let’s get started!”

 

朝6時ごろにNHK FM「中学生英語」をみみにする機会がありました。

女性nativeのガイアナさんが言います。

“Let’s get started!”

 

「さあ、はじめましょう!」

すごく簡単ですが、なにかと便利な言い回しです。

そしておそらく、字面をみないと意味が分からない、という中学生(あるいは大人も?)いるかもしれません。

発音が典型的な米国英語だからです。

反復の音読練習で潜在意識に落とし込んでしまいましょう!

 

【私・小山ケイの耳が言うこと】

とはいいつつ、私にはダイアナさんの英語はすこし、非英語圏のひとに聞こえます。

私の耳が、「この人は英語圏で生まれた人じゃないと思う」と言ってます。

発音が。

 

★講師の本田先生:典型的な日本人の英語

★ダイアナさん:生まれは非英語圏 → ググると、米国ワシントンDC生まれと出ます。でもなぜか、私には非言語圏に聞こえる。すごくゆっくり話してくれているせいでしょうか・・・。

★クリスさん:定型的な米国人の発音。

●”Let’s get started”の発音

1) ) 「Le」

2) 「Ts」

3) ゲッ

4) T

5)「S」

6) タ

7) 「R」(米国英語9

9) 「Le」

9) 「T」

10) 「Le」 + 「Ts」 + ゲッ + 「T」 + 「S」 + タ + 「R」 + 「Le」 + 「T」