【英語の上達】「なになに、OK?」と言ってみる。英会話で。感覚で。「なになにだからね」と。2021年大学入学共通テスト第2日程からインスピレーション。「英語リーディング試験第1問A」(その2)

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、2021年から開始した大学入学共通テストの第2日程(1月30日、31日実施分)「英語リーディング試験第1問A」から「なになにOK?」という言い方について書いていきます。

<もくじ>
●【英語の上達】「なになに、OK?」と言ってみる。英会話で。感覚で。「なになにだからね」と。2021年大学入学共通テスト第2日程からインスピレーション。「英語リーディング試験第1問A」から。(その2)
●”Stay hungry, OK?”の発音。

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。







●「なになに、OK?」と言ってみる。英会話で。感覚で。「なになにだからね」と。

小山ケイ本人が書いた英語の筆記体です。Written and taken by Kay Koyama.

私が自分で言っていて普段は気づかない英会話の言い回しに、「なになに、OK?」というのがあります。

「すごい、ぺらぺらですね英語」とか「通訳お願いします」などと人から言われて、「やっぱ人よりは分かってんのかな、英語」と私が思いながら、自分が話している言い回しを意識してみることが時々あります。

そのなかのひとつが、「なになに、OK?」

米国留学中に自然に身につけてしまったものです。

教授も授業中に念を押すようにして学生に言います。

街中の人も。

テレビ画面の中の人も。

*******************************

今回の2021年大学入学共通テスト第2日程の英語リーディング試験第1問Aを見ていて。

毎日新聞社「大学入学共通テスト第2日程『英語リーディング第1問B」

https://mainichi.jp/exam/kyotsu-2021b/q/?sub=LEN

(1月30日と31日に行われた、「2021年大学入学共通テスト第2日程」の英語リーディング試験から)

この文章を読みながら私は自然と、「なになに、OK?」と言っていました。

「なになに、OK?」は相互確認するときによく使う言い回しです。

“Ill get you there, OK?

“Call me tomorrow morning, OK?”

“Sleep tight (lol), OK?”

“Stay hungry, OK?” (and, of course, “Stay foolish” as well) 

命令形であれば、”OK?”をおしりにつけることで「相互確認として尋ねたのよ」というニュアンスが加わります。そして、響きがやわらかくなる。

第1問Aはモバイル画面のテキスト文、という設定なので、言い回しが全体的にとてもフランク。

そしておたがいが、相互確認している内容です。




●”Stay hungry, OK?”を潜在意識という無意識の領域に落とし込む具体的方法。小山ケイメソッド(私の実体験)。

Apple Ginza in Tokyo
Apple Ginza in Tokyo (photo by Kay Koyama)

1) できれば、スティーブ・ジョブス (the late Steve Jobs)のスタンフォード大での有名なスピーチを思い浮かべる。

出来なければ、「ハングリーでありつづけてね」または「おなかをずっとすかせておいてね(ぐぅぐぅ)」と思ってみる(できるだけ前者を思ってほしい。座右の銘とする私としては)。

2) 気の置けない友達と起業について熱く語ったあとに別れ際、“Stay hungry, OK?”と言うところを想像する。

相手がウインクとともに「ぐっじゃ (Thumbs-up)」と返してくるところも。

3) ゆっくりと、大きな声で、“Stay hungry, OK?”と言う。

4) 5回。

5) 相手の目を見ながら確認するつもりで。

6) ひと月繰り返します。

7) 忘れたころにもう一月。

8) そして1年後。若き起業家としてあなたは活躍しながら、”Stay hungry, OK?”と仲間である外国人起業家に呼び掛けています。ぺらぺらと。

りんご




●”Stay hungry, OK?”の発音。

横浜みなとみらいの資生堂Sパークのカフェにて。

1) スティ

2) ハン(ここが一番、音程が高い)

3) (母音なしで)「G」

4) (舌先を口腔内に軽く巻いて)「Ri」

5) (4)から間をおかずにすぐに)オーケイ

6) しり上がり。しっかりと。「?」

7) ステイ + ハン + 「G」 + 「RI」 + オーケイ + 「?」

*相手に尋ねるようにして「しりあがり」に言います。相互確認だからです。

*4)から5)はほとんど、ひとつの単語ではないかと思えるほど連続して言います。










“【英語の上達】「なになに、OK?」と言ってみる。英会話で。感覚で。「なになにだからね」と。2021年大学入学共通テスト第2日程からインスピレーション。「英語リーディング試験第1問A」(その2)” への7件の返信

コメントは受け付けていません。