英語の「T」の発音。タンギングの要領で!管楽器の。by 小山ケイ Pronounce “T” like tonguing method of trumpets.

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、英語のTの発音について書いていきます。

<もくじ>
●英語の「T」の発音。タンギングの要領で!管楽器の。Pronounce “T” in English like tonguing method of trumpets (by Kay Koyama)
●たとえば、”Trumpet”

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「英語(潜在意識を味方につけて)」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

●英語の「T」の発音。タンギングの要領で!管楽器の。by 小山ケイ Pronounce “T” like tonguing method of trumpets.

英語でつづりに「T」をふくむ言葉をカタカナにしたものはいくつかあります。

★トランペット (TOLANPETTO/Trumpet)

★ターン (TAHN/Turn)

★ トラフィック (TOLAFIKKU/Traffic)

 

でも、上記の右側にある英語の「T」は、日本語で発音する「タチツテト」とは少し違います。

そう私の耳は言ってます。笑

その違いが、私がこのブログでよく各、「管楽器のタンギングの要領」。

Tは管楽器の技法であるタンギングの要領で発音してみます。

 

1) 舌先を上前歯の裏側に軽く打ち付ける。

2) トゥトゥトゥトゥと何度か練習。

3) 要領がわかったら、実際に英語を発音してみる。

●たとえば、”Trumpet”

1) (舌先を上前歯の裏側に打ち付けるように「トゥトゥトゥと発音する要領で)「T」→ 

2) 「Ra」

3) 「N」

4) 「Pe」

5) (1)と同じく)「T」→ ただし、やや無音に近い。

6) 「T」 + 「Ra」 + 「N」 + 「Pe」 + 「T」

“英語の「T」の発音。タンギングの要領で!管楽器の。by 小山ケイ Pronounce “T” like tonguing method of trumpets.” への35件の返信

コメントは受け付けていません。